純日本人が日本でしっかりとした英語力を鍛える方法

日本人が日本人のために教えるからこそ意義がある

留学したってそんなに英語を使わない


留学したってそんなに英語を使わない

これはれっきとして真実である。

 

日常的に英語を読む人はほとんどいない

英語の本や新聞などは昨今簡単に手に入る。あなたはそれを手に取り、読むだろうか?ほとんどの人は読まないし、留学したら読むだろうというと思う。でも、実際には今、日本語のブログを読んでいるのだ。

 

日常的に英語を聞く時間もほとんど取っていない

Podcastや英語のラジオも、ものすごく簡単に聞けるようになった。海外のTVコンテンツも簡単に、且つ字幕まで簡単に手に入る。あなたは今日、それらを起動し、聞いてみただろうか?

 

日常的に英語を発話する機会もほとんどない

インバウンドの影響もあり、日本でも外国人を見かけることは本当に多くなった。少なくとも都内では普通の光景になった。職場でも良い、学校でも良い。あなたは今日、英語話者と思われる人たちに話しかけただろうか?

 

もし、これらの全部を日常生活で実施出来ていない場合、留学したってそんなに英語力が伸びない可能性がある。

 


よく自分の生活を振り返って考えてみてほしい。

 

多くの人は1人でいる時は日本語を口にしないだろう。独り言を喋るって言ったってたかが知れている。英語を勉強したい・上手になりたいという割にはそこらに転がっている英語情報を取りに行ってないし、英語で話しかけることをしていない。

 

こういう人が海外に行ったからと言って急にその生き方を変えることは出来ないのだ。


生活の中で、そもそも言葉を発している時間はそこまで長くない

仮に職場に行く、学校に行くがあればまだ多少は言葉自体を発する機会はあるだろう。
でも、案外日本だって、職場環境にもよるだろうが、仕事中ずっとしゃべらなければならない仕事なんて大してないし、余程の気が知れた人で時間がある場合を除いては、会話量なんてたかが知れている。母国語での普段の生活リズムで話す量以上に会話が増えることは絶対にない。むしろ表現できない場面や聞き取れないケースに遭遇して、会話に参加できない時間が増える分、発話量というのはそれほど多くない。

海外に行くと一から人間関係を構築しなければならない。

コミュニケーションは常に相手ありきで成り立つものであり、自分から積極的に話しかけ、話題を膨らませるタイプでなければ、会話はスタートもしない。よりフランクな対応を相手がしてくれる場合もあるだろう。しかし、それにうまく反応するのが苦手だったり、忌避感を感じるタイプは絶対に留学をしてはいけない。なぜならこういうタイプの人は何がしかの共通のミッションや趣味を分かち合わなければ、人とのコミュニケーションがあっさりなタイプなので、留学先で強制的に英語を使う環境になれば大丈夫っしょ、って思って飛び込んで案外1人が好きみたいな感じで会話量が増えないパターンがあるだろう。

こういう私もどちらかというと社交的な方ではない。あんまり外出は好きではないし、沢山の知り合いよりも心が知れた少数の大事な人との付き合いを大事にする。故にそういうスタイルの場合、だれか親密な関係を構築できる人と巡り合うまではそんなに


留学、とくに語学学校で習うことは日本でも習える。ただ英語で教わるだけ。


語学学校や大学のESLコースで習うのは文法やライティングが多いのはご存じだろうが、実際にその通りである。このこと自体は決して否定しない。しかし、これらについては「英語で習う」必要性は全く無いと感じている。文法の説明や論文・エッセイの書き方ははっきり言って、理解と演習なので、だったらさっさと日本で理解して、実物のエッセイを書いてみたり、文法問題を解いている方がよっぽど身につく。ちなみに日本で理解できない文法は英語だともっと分からないと思っていた方が良い。海外に行って勉強すれば何とかなるんだろうと思っているのであれば、「海外で英語を習う」ということはどういうことか理解したほうが良いだろう。

 

相当な訓練と鍛練を重ねないと日本語で考えるクセは抜けない

母国語は一生付きまとうものと思っていた方が良い。一人でいれば自然と日本語で物事を考えるし、相手との対話において日本語の思考を完全に捨て去って英語で考えて英語で対応する、までに至るには正直時間がかかる。海外に行けば良いなんてものではないし、英語で考えようとしても日本語になってしまうのが常である。私も完璧に英語だけで考えるのはいまだに出来ない。特に自分が知らないトピックスやなんとなく自身の無い話題については日本語の記憶や脳の処理に頼ってしまう。少しずつ慣れと鍛練で日本語を介さない領域を増やしていくしかない。ちなみに英語が日本語の記憶領域以上になるなんて私は期待していない。


以上が海外で実際に生活をしていて実感したことであり、留学中にそこまで英語が伸びなかった要因というか期待外れに終わった原因である。英語漬けにしたかったら日本でだって十分留学と同じ、もしくはそれ以上の環境は作り出せる。

 

今、日本で整えられる学習環境を構築していない、もしくは実際に勉強できていないのであれば、あなたはまだ日本で今の環境で十分英語を伸ばすことが出来るだろう。

 

今、出来ないことが海外に行ったら出来ると思わないほうがいい。


実際はその半分以下も出来ないし、母国で出来ないことは海外でもほぼ出来ない。人間はそんなに変われないものだ。

 

というより海外に行って何もできない・思ったようにならない自分に打ちひしがれるのがオチだ。(まぁ、それが一番の収穫となるかもしれないが、その時間的・費用的コストを鑑みるともったいないし、さらに良い経験のために投資にすべきだ)